相談実績導入実績お客様の声 オンライン面談実施中電話番号0120-417-447(受付:平日9:00〜17:00)

経理担当者の突然の退職・・・どうする?

2020.08.21

会社も経理も、「備えあれば憂いなし」

経理担当者が突然明日から来なくなったら・・・?

会社の血液であるお金を管理する経理担当者。
毎月の資金繰り、売掛金や買掛金の管理、銀行担当者とのやり取りを行う、大切なポストですよね。
そんな大切なポストである経理担当者ですが、もしも突然退職してしまうことになったらどうなるのでしょうか。
今回のコラムは「もしも」「万が一」に備える大切さを実体験をもとにご紹介します。

 

経理担当者の突然の退職で何が起こるのか

私は前職で企業の経理担当者をしており、経理係長とスタッフである私の2名体制で仕事を行っていました。
週に1度は社長と会社の現状や今後について話し合いを行い、経理担当者として会社を守るサポートをしていました。
だいぶ仕事も覚えてきて、順調に過ごしていたある日の朝礼のこと。
経理係長よりご懐妊の報告がありました。入社以降、教育をしてくれた先輩の吉報に喜びつつ、入社1年目だった私には大きな出来事でした。
それからは係長の仕事の引継ぎが始まり、「帳簿作成」「売掛管理」「給与や人件費の管理」「資金繰り」など順々に仕事を覚えていき、半年後係長は無事に産休に入りました。

引継ぎの期間中、経理担当者として身に染みて問題を感じたことが二つありました。

一つ目はもし退職者が出た場合、後任の担当者を育てるのに時間と手間がかかること。

中小企業場合、完全な引継ぎには3か月~半年間ほど引継ぎに時間を要することになります。
引継ぎの間、試算表データの完成が遅れてしまったり、慣れないが故にミスが発生することもあります。
経営判断となる重要なデータに遅れやミスは許されないことです。
また、せっかく後任者が一人前に仕事ができるようになっても、その後任者も退職してしまうリスクもあります。

二つ目は経理のブラックボックス化です。

経理は重要な数字、データを扱う仕事であり、どうしても属人化してしまう傾向があります。
ベテラン社員が1人で仕事をしていると、独自のルールができてしまい、その人にしか処理が分からない、ということが多いです。
また、繊細なデータを扱う部署であることから他の部署の社員と業務内容を共有することもできないため、非効率な仕事をし続けてしまう可能性があります。

このような問題を脱却するために、より良い会社・経理の体制を作るための対策のひとつに、経理を外部にアウトソースする「経理代行」があります。

 

経理担当者も、社長も「安心」できる

「経理代行」とは具体的にどのようなメリットがあるかご紹介します。

①ブラックボックス化からの脱却

経理を外部にアウトソースすることにより、今まで行っていた業務を一旦整理することができます。無駄なチェック作業などはないか、より効率的な経理を行うためにどういうツールを使うのか、一緒に整理させていただきます。

②経理担当者の突然の退職リスクがなくなる

経理代行は基本的にチーム体制で企業をサポートしています。そのため会社の行事や突然の退職者にも影響を受けず、一定のサービスを提供することが可能です。

③試算表や会計データをスピーディーに提供できます

①でもご紹介した通り、必ず現行で行っている業務フローを整理し、経理の効率化を図ります。
社長が見たい試算表データなど重要な会計データを早期に提供することにより、より早く経理判断に役立てていただけることになります。

以上をまとめると、試算表データの早期化、安定した経理体制の実現が可能です。
経理業務の効率化ってあるのだろうか、コア業務に集中できない、仕事が終わらず残業続きで悩んでいる・・・「経理のアウトソーシング」は、そんな企業様の問題解決のお手伝いができるかもしれません。 

最後に

経理退職後に焦ることがないように事前にお気軽にご相談ください。

そこで当社の経理代行サービスでは、御社に合った体制をづくりをお手伝いさせていただきます。

お見積り・ご相談はいつでも無料です。 
こちらからお気軽にご相談ください

>>無料相談はコチラから

事務所・ご自宅からでも繋げます!オンライン無料面談実施中!!

0120-417-447

受付:平日9:00〜17:00

経理業務サポートメニュー

Support Menu

会社情報

About us

新着情報
What's New
PAGETOP