相談実績導入実績お客様の声 オンライン面談実施中電話番号0120-417-447(受付:平日9:00〜17:00)

閉じる

会計ソフトのクラウド化で経理を楽に!

2021.09.01

そもそもクラウド化とは?

最近よく耳にするクラウド化とはどういったものなのでしょうか。

会計ソフトのクラウド化とは、ソフトウェア自体を購入するのではなく、サービスを購入するイメージです。

従来の会計ソフトはパソコンにソフトをインストールしたり、専用サーバーを使用するものがありますが、クラウド化をすることでインターネット環境やログインするIDとパスワードがあれば、どこでも会計ソフトを開くことができます。

近年その従来型からクラウド型へ切り替える利用者が増加傾向にあります。

ではクラウド型にするメリットとは何でしょうか。事例を踏まえてお伝えしてまいります。

クラウド化で余計な手間・時間を削減!

1.アップデートの必要なし

クラウド化におけるメリットの1つ目はアップデートの必要がないということです。


従来型のソフトですと、ソフトのアップデートが必ずといって良いほどあるので、その都度アップデートに時間を取られたり、またはソフトそのものを購入しなおす必要が出たりすることがあります。

その点、クラウド型は自動で更新されるので常に最新の状態でソフトを利用することができ、アップデートのための経費はかかりません。

また、ログインするIDとパスワードさえあれば、どのパソコンからでも会計ソフトを開くことができますので、パソコンの買い替えがあったときでも、ソフトをインストールしたり、購入したりする必要がありません。

2.帳簿作成も手作業いらず!

クラウド化におけるメリットの2つ目は時間短縮につながることです。

ネットバンクを使用して経費の支払いを行ったり、クレジットカード決済を利用している場合は、クラウド化することで帳簿作成の時間を削減できます。

銀行口座のデータやクレジットカードの利用明細を自動取得できるように設定するため、これまで手作業で帳簿に入力していた仕訳も自動で仕訳として取り込まれ、必要なことは確認のみになります。

 

クラウド化事例のご紹介

当社のクライアント様でも、これまで従来型のソフトを利用されていたものをクラウド型に切り替えるお手伝いをさせていただきましたが、紙を大幅に削減できたり、帳簿作成の時間が削減され非常に喜ばれておりました。

クラウド型の多くのソフトは、販売管理やカード決済、そのほか様々なサービスと連携できるように設計されておりますので、こうしたものを組み合わせることで、さらに経理にかかる時間を削減することが可能です。

またオプションで、給与計算や請求書発行できるソフトも多いので、給与計算したあとの帳簿への入力や、請求書を発行した後の売上を帳簿に入力する手間を省くことができます。

 

良いことづくめで、「デメリットはないのか?」と不安になる方も多いと思います。

デメリットとしては、パスワードを忘れてしまうと会計ソフトを開けなくなることや、ネット環境を整える必要があること、ネット環境がない場所では帳簿を作成できないといった点があります。


会計ソフトをクラウド化したほうが良い方、業務上クラウド化することで経理を大幅にカットすることができる方には、経理回りの状況やどういったシステムを利用しているのかなど、様々な要因がありますので、ご興味がある方はぜひご相談ください。

最後に

このコラムでは、クラウド化についてご紹介いたしました。

井上公認会計士事務所はクラウドソフトのMFクラウドシリーズを活用して、貴社の経理を代行いたします!

社長、経理担当者の方からじっくりお話しをお伺いし、御社に合った体制づくりをお手伝いさせていただきます。

お見積り・ご相談はいつでも無料です。 

こちらからお気軽にご相談ください

>>無料相談はコチラから

>>クラウド導入支援サポートをご希望の方へ

事務所・ご自宅からでも繋げます!オンライン無料面談実施中!!

0120-417-447

受付:平日9:00〜17:00

経理業務サポートメニュー

Support Menu

会社情報

About us

新着情報
What's New
PAGETOP